素質論Lスタイル

2018年8月13日月曜日

NLP( 神経言語プログラミング)

NLPとはNeuro Linguistic Programming(神経言語プログラできないミング)の略で、1970年代、カリフォルニア大学のリチャード・バンドラーとジョン・グリンダーが心理学と言語学の観点から新しく体系化した学問です。人間心理とコミュニケーションに関するものが多いことから心理学に含まれることもあります(理論的根拠がないとして疑似科学とみなされる場合もあり)

NLPを一言で説明するのは難しいのですが、心はどのように物事を見て、どうように行動するかを追求した学問とも言えます。さまざまなNLP的アプローチの中で、「経験は五感を通してつくられ記憶される」という「代表システム」のおいてVAKと呼ばれる用語があります。

そのVAKが素質ベクトル3分類に相似しているので紹介します

VAKは以下のように3分類され、個人により強弱が違うとされます。
1)Visual(視角):視角イメージにアクセスしながら会話するので図を使うなど具体的な表現を好み、結論を急ぐ、結果が見えないとやる気がでない。よく使う表現「狙いをつける・見通しがいい・明るい・暗い・はっきりしている」
2)Auditory(聴覚):聴覚情報にアクセスしながら会話すので言葉に敏感でじっくりと話をする。理論的でうんちくが好き。よく使う表現「考える・思う・リズムが合う・調和する・耳ざわりがいい」
3)Kinesthetic(体感覚):自分の体感覚で感じたことを手や体で表現、感情をストレートに表す。よく使う表現「心が熱くなる・重い感じ・おいしい話・気になる」

素質ベクトルとの相関
Visual(視角)                = ベクトルE
Auditory(聴覚)            = ベクトルH
Kinesthetic(体感覚) = ベクトルA

NLPでは目の動きで、V・A・Kどのタイプかを判断します(または質問形式)。

VAKの違いにより使用する言葉を選ぶと効果的です。
別荘を販売したい営業マンの言葉使いを例にするなら
・相手がVの場合:「山と川が窓から見える最高の景観が・・・」
・相手がAの場合:「朝は鳥のさえずり、入浴時には川のせせらぎが・・・」
・相手がKの場合:「木のぬくもりが感じられ、温かい感じが・・・」

素質ベクトルは、それぞれ4タイプに細分化されることもあり完全に一致するわけではないものの興味深い内容なのでアップしました。

2018年8月11日土曜日

宇宙の法則3・6・9

知人から以下の動画を紹介されました。
当ブログにおいては、どのタイプにも当てはまらないような性格の人を「タイプ369」と呼ぶことにしています。究極のタイプ369は全く引掛りのない、癖の無い人として位置づけてもいます。

本当に369は奥深いと感じます

2018年6月25日月曜日

質問~セカンドとサードの算出方法を教えて下さい

素質基礎講座Ⅰを受講すると「素質論CANCODE検索用年表」が配布されます。その年表を使って調べるのが基本です。

非公式な方法として、四柱推命の無料アプリ等を利用して算出することは可能です(上記年表と完全に一致するものではないので、あくまで参考資料です)

メジャーなものとして以下アプリがあります。
マニアック四柱推命

アプリに生年月日を入力すると「命式表」が表示されます。
命式表「十二運」の「年月日(時間を入力した場合は時)」それぞれをタイプに置き換えて完了です(日がファースト、月がセカンド、年がサード)

置き換え方は当ブログの以下ページを参考にして下さい(「十二運と素質タイプの対比」という記述を参照)
十二運

※四柱推命における「十二運」は流派及び占術家個人により評価が著しく違っており、算出結果も微妙に異なります。また生まれ日の区切りを23時としているように、月の区切りも毎月違い、年は2月初旬に変わります。生まれ時間まで明確でないと正確な命式は作れないのです(時間がない命式を三柱推命と呼ぶ人もいます)



2018年6月24日日曜日

質問~素質コアの算出方法を教えて下さい

私が保有する古いテキストの「素質コア」欄には、以下のような記述があります。
・素質コアはCANCODE-FC(キャンコードファンクラブ)やCANCODE-BIZ等で検索することができる。

近年、素質論講座体系に大幅は変更があったので、メインWEBは以下です。

ユーザー登録すれば一部機能を無料で使えますが、素質コアは検索するには月額500円のレギュラーコースに登録する必要があります。

前置きが長くなり恐縮です、
当ブログの以下ページで「素質コア」を知ることができます(正式な算出法でないので前置きが長くなりました)

※素質論基礎講座Ⅲでは60コア全てを一つ一つ丁寧に解説してくれます。素質コアを知ると同じタイプでも全く違った傾向性を持つことを痛感します。

素質コアは素質論基礎理論Ⅲで学ぶことができます。




2018年6月23日土曜日

お詫び

最後のアップ日が2016年8月6日となっているので、2年近くブログを放置していたことになります。その間に10数通のメールをいただいていた事に気がつきました。当ブログの連絡フォームに設定されているメルアドがブログ専用につくったものらしく、通常は全く使っていなかったのです。

そのメールの中に幾つかの質問も含まれていたので、それに応える形でブログを再開したと思います。

2年近くメールを無視していたことをお詫びいたします。

2016年8月6日土曜日

素質タイプとオリンピック

2012年オリンピック開催時、代表選手のタイプを調べてベクトルAが非常に多かったことを覚えています。大運動会といったように言葉に「大」を付けたがるのはベクトルAだという話を聞いたことがあったので、オリンピックのような大会で最もモチベーションが上がるのがベクトルAに違いないと勝手に思っていました。

特にバレーボールのように高く飛び、強く打つような競技では、ベクトルAが多くなるのではないか?また女子バレーの練習における鬼ような厳しさからベクトルHが少ないのではないか?

2016年リオでの女子バレー代表は14名
ベクトルE 7名
ベクトルA 4名
ベクトルH 3名

素質コア60分類をベクトル3分類に振り分けた際の数値は以下のようになります
ベクトルE 24(40%)
ベクトルA 16(27%)
ベクトルH 20(33%)

残念ながら思ったような数値ではありません。
サンプルが少ないのは別にして、そもそもバレーボール代表メンバーは監督や協会が選出するのであって、選手が自分で決めるものではないと気づきました。

ベクトルEが多いことから、監督はベクトルEなのでは?

眞鍋政義監督は1963.8.21生 125-125-888  E-E-A

この監督さんの素質タイプの並びは、バレー監督のイメージにある鬼監督そのものです(日常に戻ると楽しく明るくひょうきんな人かも知れません)
ちなみに、今回の代表14人のうち素質タイプ125は3名です。

バレーは生まれながらの肉体的素質の影響度が高く、素質タイプのみで考察すること自体に無理があるものの、少ないサンプルの中においては、日頃感じていることと部分的に一致しました。



2016年8月3日水曜日

モチベーションがスキルアップの監督二人

YOUTUBEで柔道全日本監督井上康生さんと前監督篠原信一さんの対談番組を視聴しました。

先輩後輩の信頼関係で結ばれた和やかな雰囲気の対談で、これぞ「ベクトルHの対談」という感じです。とてもよい雰囲気なので、多くの人が共感できる内容だと思われるものの、ベクトルHにとっては格別に心地良い映像だと思われます。

篠原信一 1973.1.23生 012-025-000
井上康生 1978.5.15生 025-555-100

012と025は、モチベーション6タイプでは同じスキルアップとなります(さらに篠原さんのセカンドが025なので、コミュニケーン時に共感できる組合せです)
<スキルアップ>
・自分や自分を含む環境が日々進歩、向上していることを目指す。
・人としての信頼を気遣い、進歩、向上する為の情報を取り入れる。

コアで言うと篠原さんは、0126になります。
私の古いメモには以下のように記述されいます。
0126~実直・義理人情・ユーモア、率直にストレートに物言う人情家。しかし「現実的でもあり、事実を見極めて見られ方を計算している。周囲に不快感を与えないよう気遣っている」

柔道の世界を退いてからの篠原さんは、本来の自分をさらけ出しているようでいて、テレビに映らない所では、周囲には相当気遣っていると思われます(それでも012なので、いつの間にか自分が中心になっているかも知れません)

ちなみに井上康生さんのコア0254は以下のように記述しています。
協調性・柔軟性・保守的、わがままな考えを持っていても、人前では出さない。癖を出さない、万人に好かれたい。間違ったこをして、うしろ指をさされたくない。

今週からオリンピックが始まります。前回金メダル0だった全日本男子柔道の結果がどうなるのか楽しみです。