素質論Lスタイル

2013年10月29日火曜日

タイプは1728パターン

素質論の素質タイプは全部で12種類。それがファースト・セカンド・サードに分かれるので、組み合わせは12×12×12で1728種類になります。その組み合わせの中には3つ全てが同じ人もいるわけです。どんなシチュエーションでも同じタイプなので、素質論的には最もわかりやすい人と言えます

現在、MLBで大活躍している上原浩治選手の素質タイプは125-125-125(1975年4月3日生)

素質論基礎講座Ⅰテキストには、125について以下のように記載されています(簡略)

【特徴】自分の夢を実現するべく、長いスパンで勝負するマラソン選手気質。ペース配分が必要な勝負には抜群に強い。最終ゴールではヒーローになりたい精神性がある。意外と神経質で疑り深い。自分の世界、ロマンを大切にしながらも、堅実かつ実質的な路線を貫く。
【行動特性】用心深く相手の言葉や態度を探る。現状に満足せず、自己コントロールに厳しく、自分の生活スタイルを持っている。褒めて、けなして相手をその気にさせる勝負上手。夢に向かってコツコツと足元を固める。

上原選手のブログを読むと「コツコツ」をいう言葉が頻繁に使われていたり、WIKIに「究極の負けず嫌い」と記述されていたりします。また中継ぎ投手に対する発言をよく目にするのはヒーローになりたい精神性の裏返しかも知れませんし、チームのムードメーカーになっていたりもします

素質論基礎講座Ⅲで学ぶ「素質論モチベーション」で、タイプ125は「コンペティション」に分類されています。自分の描いた世界を具体的に築いていくために、勝負している時が最もモチベーションがあがるタイプなのです

上原選手は、それが3つ並ぶのですがら、世界中のトップアスリートが結集し年間162試合を戦い抜くメジャーリーグの世界は、最高の舞台なのかも知れません

もちろん勝負強いからといって必ず勝利するわけではありません。「独自性」がキーワードの素質タイプ001を、「全くオリジナルなものを生み出していない」と批判している人を見たことがありますが、001は独自性が好きなのであって、全ての人がオリジナル商品を創出しているわけではありません。こういった解釈には注意が必要です

蛇足ですが、実は読売ジャイアンツの高橋由伸選手は生年月日が上原選手と同じです。つまり125-125-125です。高橋選手のことは全く知りませんが、外見から受ける印象は上原選手とはずいぶん違って見えます(上原選手とも直接会ったことはありませんが)

こういった点も注意が必要です。1728パターンと言うとずいぶん多く感じますが、人口70億人を1728で割ると400万人です。あくまで素質論は人間関係を良好にするためのコミュニケーションツールであることを忘れてはなりません

ツールなので学べば簡単に習得でき、本当に役立ちます

2013年10月27日日曜日

十月十日

十日十日とは一般的に人の妊娠期間を意味します。生まれるために必要な月日なわけです。朝という漢字を分解すると「十月十日」となることから、人は毎日生まれ変わっていると言う人がいたりもします。臓器にもよりますが、人の細胞も毎日入れ替わっていて、物質的には1年前の体に存在した細胞は、ほとんど生まれ変わっています

朝日が昇ってから午前9時くらいまでの空気は新鮮であり、格別です。ほんとうに生まれたばかりという感じがするから不思議です。友人の話によると、時間が加速しているらしく、確かに貴重な朝の時間もあっという間に過ぎて行く気がします(その友人によると、時間というものは人間の意識が作り出したもので宇宙には元々存在しないとか・・・)

何よりも、来週から11月!信じられないくらいのスピードです。

このブログで人の一生は0.2秒という記述をしたことがありますが、残りの人生で短い時間をどう使うのか?とても気になる今日この頃です

2013年10月22日火曜日

ミロク方陣

前回369(ミロク)について記述しましたが、もう一つ369について・・・数霊や古神道の世界ではよく知られた「ミロク方陣」を紹介します

正方形の方陣に数字を配置し、縦・横・斜めのいずれの列についても、その列の数字の合計が同じになるもののことを魔法陣と呼びます。それを9マスずつ計81マス並べた9方陣を「ミロク方陣」と呼ぶのです

左上31から真下に71までを足しても、真横に11までを足しても、斜め下に51までを足しても合計が369になるのです

中心は41で、369は41の9倍
全体の四隅11、51、71、31の合計は164、これは41の4倍。それぞれの辺の中心61、1、21、81も合計すると164。四隅の11、51、71、31と辺の中心61,1、21、81、それに41を加えると369。

縦横3マスずつに仕切ると9つのボックスができます。それを霊界と呼び、それぞれの底辺の中心には1から9までの整数が配置されています。
各霊界の中心に位置する数のみを足すと、これも縦・横・斜めの和が123と等しくなり、123は369の3分の1となります

魔法陣にある1から81までを合計(1+2+3+・・・+81)すると3321となり、これは369の9倍。また中心の数41、最終の数81を掛け合わせると(41×81)、3321となります

この数字の妙はまだまだ続くのですが、この辺で終わりにします

この方陣は密教にある金剛界曼荼羅にも通じているそうで、古神道では369を天照大御神の数霊としているとのこと

不思議な感覚だけが残ります




2013年10月14日月曜日

素質タイプ369

素質論で扱う素質タイプは12種類あります。素質タイプを算出したものの、そのタイプとは違う感じがする時があります。23時台に生まれた場合、素質論では翌日の生まれ日を採用するので、そういった間違いもあったり、そもそも生年月日が違っていたりすることも珍しくありません。

それとは別に12種類のどのタイプにも当てはまらい感じの人が時々います。その人のことを個人的に「素質369」と呼んでいます(もちろん正式な素質論の中に369はありません)。

3歳までの子供は、物事を真直ぐにみると言われます。そして4歳から10歳までの体験により本来持つ「性格(素質)」を基に、人それぞれの基本的な価値観を構築します。誕生した時は真っ白だったキャンバスに、いろいろな模様が描かれた感じになるのです。それが人それぞれの癖(行動様式)とも言え、その癖を記号で表現したものが素質タイプだと私は考えています

その後、「模様がさらに複雑になる人」と「生まれた時の真っ白なキャンパスに戻る人」に分かれます。ただし戻る人はごくごく少数派。複雑になろうが真っ白になろうが、そこに物事の善し悪しは存在しません。あるのは選択のみです。

369とは、「3=ミ・6=ロ・9=ク」と読みます。つまり弥勒を表現したものです。
日本を含めアジアには弥勒信仰というものがあります。「悟り」「覚醒」「空」「真空妙有」「良心」「真我」「智慧」「慈悲」「光明」「円満」・・・時代と地域の違いにより世の中にはいろいろな表現が存在しますが、弥勒菩薩は未來仏とも呼ばれ、仏陀の後継者として天空で多くの人々を救済するために修行しているとされます

弥勒さま
いつも笑顔でほがらかに
とらわれない大きな心
かざらない素直な心